マブハイマイル利用規約

I. 用語の定義

  1. アクティビティ – マブハイマイルプログラムに準じたメンバーのあらゆるアクション、または取引。
  2. アクティビティ日 - フライトマイルの場合、実際のフライト日。フライト以外のマイルの場合、マブハイマイルによりアクティビティがメンバーの口座に転記された翌日となる、クレジットカード及び銀行を除く取引日。
  3. 提携航空会社 – マイルの獲得または交換、及び特定のティアレベルの特典の利用を含むがこれらに限定されない、メンバーの特典を提供することの合意をフィリピン航空と締結した航空会社。
  4. チャーター便 - 特定の貸借(チャーター)契約に基づいた、非公開のフィリピン航空(PAL)またはPAL Expressの特別フライト。これはマイレージ積算及び交換の対象となりません。
  5. 定期審査期間 - メンバーがアクティブまたは非アクティブであるかを確認するための口座の評価が実施される、現行年度の1月1日から翌年度の12月31日までの2年連続期間。 同期間中にメンバーに関わる有効なアクティビティがない場合は、当該メンバーのマイルは審査期間の翌年度の1月31日をもって失効となります。 最初の審査期間は2014年1月に開始し、2015年12月に終了し、その後2年ごとに審査期間は継続するものとします。
  6. Flexiflyer(フレキシフライヤー)特典航空券 – メンバーが必要なマイル数と引き換えにより上位の予約コードを獲得するという旅行特典。
  7. フライトの特典航空券 – PALまたは提携航空会社による運航便に使用するための航空券をメンバーに付与するという旅行特典。
  8. フライトマイル – PAL、PALのコードシェアパートナーまたは提携航空会社のフライトアクティビティで獲得できる交換可能なタイプのマイル。
  9. 幼児 – 2歳未満の子供。
  10. 法的保護者 - 保護者、または保護者が不在の場合は、保護者もしくは法律により法的保護者としての役割を務める者として認められた個人。
  11. マブハイラウンジ – PALが運営する出発前エリアにあるラウンジ。
  12. マイル – 交換可能マイル及びフライトマイルの両者を指す総称。
  13. PAL - フィリピン航空
  14. PALコードシェアサービス/フライト - PALまたはその関連経路(コンタクトセンター、発券オフィス、公式ウェブサイト、旅行代理店、第三者予約ウェブサイト)により、航空券番号079が記されて販売されるが、交換可能マイルの獲得の対象となる別の航空会社により運営されるサービス/フライト。
  15. PAL Express - フィリピン航空の名前とスタイルの下で事業を行う提携航空会社
  16. パートナー– 提携航空会社またはプログラムパートナー
  17. プログラムパートナー –  航空会社以外の企業のサービスおよび製品の利用をマイルの獲得または交換の対象とすることができるという合意をPALと締結している前述の企業
  18. 対象フライト/運賃 – マブハイマイルプログラムに基づいてマイルを獲得する条件を満たすフライトまたは運賃。
  19. 資格認定期間 – ティアレベルの資格またはアップグレード証書(UTC)の権利を決定するために使用される期間。この期間は、毎年1月1日から12月31日までとなります。
  20. 対象取引 – 提携会社を使用した対象フライト及び対象アクティビティ。
  21. 交換可能マイル – 旅行特典に交換するために貯めることができる、フライトまたはフライト以外のアクティビティを通じて獲得されたマイル。
  22. 事後加算 – 一定の条件のもと、未報告のマイルを加算する機能。
  23. サービスクラス – ビジネスクラス、プレミアムエコノミー、またはエコノミークラス。
  24. サービスクラスアップグレードの特典(SCU) – 一定の条件が満たされた時点で、次の上位レベルのサービスクラスへの一段階のアップグレードを付与する旅行特典。
  25. ティア – マブハイマイルプログラムに基づいた、クラシックメンバーシップよりも上位のメンバーシップのレベル。
  26. ティアベースのボーナスマイル – 各対象フライトに対して、エリート、プレミアエリート、及びミリオンマイラーに付与されるボーナスマイル。
  27. ティアマイル(実飛行マイル) – PALまたはPALコードシェア便でのフライトアクティビティを通じて獲得されるマイル。ティアマイル(実飛行マイル)は、エリート、プレミアエリート、ミリオンマイラーのメンバーシップの適格性を算出するために使用されます。提携航空会社を通じて獲得したフライトマイルは、エリートティアステータス資格取得対象マイル数にはなりません。
  28. 取引記録 – 航空券、正式な確認書または領収書を含むがこれらに限定されない、対象取引に対するマイルの加算を支持する記録。
  29. 旅行特典 – マイルの交換時にマブハイマイルプログラムに基づいて付与される特典。
  30. 旅行同伴者 – 同じフライトでメンバーと共に旅行する個人。
  31. アップグレード証書 - プレミアエリートまたはミリオンマイラーが獲得できる証書。本人、受取人またはいずれか一方に無料サービスクラスアップグレードの特典が付与される。
  32. 有効なアクティビティ - 2年間の定期審査期間後、マイルを保持するための証拠として考慮される、あらゆるマブハイマイルに関連するアクティビティ。この詳細は、「一般約款」の第IV項、第1号に記されています。マイルの獲得。
  33. VIPまたは提携航空会社ラウンジ - 第三者または提携航空会社が管理している、出発前エリアにあるラウンジ。


II. 入会

1. マブハイマイルは、PALのマイレージプログラム及びロイヤリティプログラムです。未成年者に関しては保護者または法的保護者が代理を務めるという条件のもとで、2歳以上の全ての個人が加入する資格を有しています。幼児はマブハイマイルに加入する資格を有しません。

2. 家族、企業、及び/または司法機関はメンバーとして入会できません。

3. 入会者は、入会手続きに従うことにより、または入会時に割り当てられる会員番号を提示することにより、マブハイマイル利用規約に拘束されます。

4. 入会者は、マブハイマイルのウェブサイト(www.mabuhaymiles.com)を通じて、会員番号(仮カード)を取得することができます。

5. メンバーはエリート、プレミアエリート、またはミリオンマイラーに達した時点で、会員カードを取得することができます。 クラシックメンバーの場合、最初の有効なアクティビティが発生した後、会員カードが送付されるものとします。

6. 損失、損傷、氏名変更による会員カードの再発行には、カードの再発行手数料が必要となる場合があります。エリート、プレミアエリート、ミリオンマイラーにおいては無料となります。紛失カードの場合、新規の会員ID番号が割り当てられることがあります。

7. 氏名変更によるカードの再発行については、法的証明書類を添えたうえ、書面によるリクエストを提出する必要があります。

8. 入会者は、マイルの適切な加算のために、登録用紙上の氏名がパスポート及びその他の旅行書類(トラベルドキュメント)に記載されている氏名と一致することを確かめなければなりません。

9. 会員口座は1つのみ認められ、PALは事前の通知なく、任意の複数口座を統合する権利を留保します。


III. プライバシーポリシー

1. プログラムへの入会時をもって、またはマブハイマイルのメンバーになることにより、または既存のメンバーの場合は、マブハイマイルのウェブサイト上で公開されるあらゆる更新もしくは改正後にメンバーシップの行為を遂行することにより、プライバシーポリシー及びその改正にここに同意するものとします。

2. マブハイマイルは、マブハイマイルプログラムに関わるあらゆるアクティビティの過程において、そのメンバー及び入会者から特定のデータまたは情報を受信し保管します。この場合、マブハイマイルは、以下を含むがこれらに限定されないデータまたは情報を収集し保有する場合があります:

氏名

会社及び会社所在地

自宅住所

電子メールアドレス

電話番号または携帯電話番号

ファクス番号

その他の個人情報

3. 個人識別情報が提供される場合、メンバーは、プログラムに入会することにより、マブハイマイルがマブハイマイルとそのパートナーに関する、定期報告、プロモーション及びマーケティングメールまたはニュースレター、及びその他の重要な情報を送信する権利を留保することに同意します。

4. マブハイマイルは、メンバーの情報の機密性を厳格に保持するものとします。ただし、(i)政府によるあらゆる公式捜査に全面的に協力するために、及び/または(ii)PALの所有権及び法的権利を保護し行使するために、当該情報を開示する権利を留保します。

5. マブハイマイルのメンバーシップ及び本プライバシーポリシーは、メンバーの居住地、アクセスの場所、情報の開示場所、または入会場所を問わず、フィリピン共和国の法律に準拠します。

6. 各マブハイマイルメンバーは、メンバーからのあらゆる個人情報の受領が完全に受理されたとみなされるのは、同情報がフィリピンに所在しているマブハイマイルで処理及び保管された時点であることをここに認め、かつ同意します。事実上、全てのメンバーシップ情報の所在地はフィリピンとなります。

7. マブハイマイルはまた、任意の時点で本プライバシーポリシーを変更する権利を留保します。本ポリシーを随時確認することは、各メンバーの責任とします。マブハイマイルは、本ポリシーへのあらゆる実質的な変更をメンバーに通知するよう努めるものとします。メンバーにより提供されたメールアドレスを介した電子メール通知、及び/またはマブハイマイルのウェブサイトでの当該通知の掲載は、メンバーへの十分な通知とみなされることにメンバーは同意するものとします。本ポリシーへの事後の変更については、ここに定められた当該通知の要件が満たされている限り、同一の効力を有するものとします。いずれの場合も、メンバーは、当該通知の十分性に関し異論はないものとし、メンバーがマブハイマイルのウェブサイトを使用する、またはマブハイマイルメンバーにのみ利用可能な行為を実行または開始する場合、ポリシーへのあらゆる改正はメンバーにより承認されたとみなされるものとします。


IV. マイルの獲得

1. 一般約款

1.1. メンバーは、PALの対象フライト及び提携航空会社のコードシェア便を通じてフライトマイルを獲得することができます。

1.2. メンバーは、マブハイマイルプログラムの提携会社を通じて、及びその他のPALが開始したプロモーション活動を通じて、交換可能マイルを同様に獲得することができます。

1.3. 全てのマイルは、メンバーが引き続き利用実績のあるフリークエントフライヤーのメンバーである限り、失効の対象とならないものとします。

本規定の目的として、「引き続き利用実績のあるフリークエントフライヤーのメンバーである」という一文は、以下のアクティビティを実行したメンバーを指します:

a. PAL及び/または提携航空会社を通じたフライトマイルの獲得、及び/またはプログラムのパートナーを通じたフライト以外のマイルの獲得

b. 特典旅行及びその他のフライト以外の特典の引き換えとしたマイルの交換

c. マイルの購入

d. ボーナスマイルの受け取り

e. マイルの移行及び/または受け取り

f. 失効マイルの復活

定期審査期間の2年間を通じて非アクティブな状態が続いた場合、全ての交換可能マイルは放棄されたものとみなされます。

最初の審査期間は2014年1月1日に始まり、2015年12月31日に終了します。それ以降の審査期間は、その後2年ごとになります。

審査期間後に失効の可能性を注意喚起されたマイルは、該当する審査期間の翌年度の1月31日をもって放棄されたものとみなされます。

本規定の目的として、「非アクティブな状態が続いた」とは定期審査期間内での取引の欠如を意味します。以下は、取引としてみなされません:

a. 再加算/返還の事由にかかわらず、交換されたマイルの再加算または返還

b. 苦情処理の結果発生した、メンバーによる任意の数量のマイルの受け取り 

c. マイルの取り消しがPALの要請によるかメンバーの要請によるかにかかわらず、誤って加算されたマイルの取り消し

1.4. 対象取引は、メンバーシップの詳細情報が取引記録に表示された情報に一致するメンバーの口座にのみ記入されます。

1.5. PALは全ての口座を監査することができ、マイル獲得の利用規約に従い、予告なくマイレージ加算を調整または変更する権利を留保します。

1.6. メンバーは、マブハイマイルのウェブサイト(www.mabuhaymiles.com)を通じて、マブハイマイルの口座を確認または参照する必要があります。マブハイマイルのウェブサイトへの掲載及びその確認は、口座残高、マイルの有効性、オンラインアクティビティの明細書、本利用規約への変更及びその他の更新情報に関する十分な通知とみなされるものとします。

1.7. メンバーは、コードシェアパートナーまたは提携会社における交換可能マイル獲得の継続的な適用性について、利用前に自主的に確認する必要があります。 PALまたはその提携会社のいずれも、メンバーへの事前の通知なく、あらゆる合意の解除を決定することができるものとします。

1.8. 交換可能マイルの加算に関し、メンバーから意見の相違または異論が提起された場合、PALはその争いの和解を図るよう努めるものとします。ただし、PALが当該主張の正当性を確認できない場合、メンバーは当該主張を立証するために、航空券または旅程確認書、搭乗券、正規領収書または請求書などを含むがこれらに限定されない取引書類を提示する責任を負うものとします。

2. フライトマイルの獲得

2.1.フライトマイルが自動的に加算されるようにするためには、メンバーは、予約、発券、またはチェックイン時に会員番号を提示する必要があります。

2.2. メンバーは、フライトマイルの自動加算について、フライトマイルが加算されない原因となり得る、システム障害または予測不可能な事象が発生し得ることを予め承知しているものとします。その場合、メンバーは事後加算の手続きを利用する必要があります。

2.3. 対象フライトは、航空券の支払いを行ったのが誰であるかを問わず、有料航空券を使用したメンバーの口座にのみ加算されます。

2.4. フライトマイルは、マブハイマイルのウェブサイト(www.mabuhaymiles.com)上に公開されているPALのFlight Miles Accrual Table(フライトマイル積算表)に設定された公式に基づき計算されます。PALまたは提携航空会社は、事前の通知なく、必要に応じて同様に変更を行うことができることから、メンバーは、あらゆる取引を行う前に、フライトマイル積算表を確認する必要があります。

2.5. PALコードシェア便については、航空券の航空会社欄に「PR」と記載されます。コードシェアパートナーの最新リストについては、www.mabuhaymiles.comを参照ください。

2.6. PALは、以下を含むがこれらに限定されないフライトマイル獲得の対象となるべきでない航空券を決定するものとします:

        • 業界/旅行代理店の割引航空券、
        • 座席の有無にかかわらず幼児の航空券、
        • チャーター便の航空券
        • 交換料金にかかわらずマブハイマイルの特典航空券、
        • 未使用または払い戻しされた航空券、
        • 無料/収益対象外の航空券、
        • プロモーション用または厳密な制限付き航空券、
        • 特別規定の対象として発行された航空券、
        • 座席を占有する品物のための航空券

フライトマイルの獲得の対象になるとは限らない航空券に関する最新情報については、マブハイマイルサービスセンター、PAL予約または発券オフィスにお問い合わせいただくか、当社ウェブサイト(www.mabuhaymiles.com)をご覧ください。    

3. マイルの購入

マイルの購入は、メンバーが即座に利用できるように設計されたマイルを獲得する機能です。この機能は、自身の個人口座(マブハイトップアップマイル)または別のメンバーの口座(マブハイギフトマイル)にマイルを追加するために利用することができます。

                       3.1. 一般約款

3.1.1. メンバーがマイルの購入を利用するためには、目的の旅行特典に必要とされる交換可能マイルの少なくとも50%のマイル数を所有している必要があります。

3.1.2. 購入されたマイルは、交換に使用可能になる前にメンバーの口座に追加されるものとします

3.1.3. 任意の単一の口座に対し、1年(1月~12月)内に最大15万マイルの加算が可能です。

3.1.4. 購入されたマイルは、エリートティアステータスの資格には加算されません。

3.1.5. メンバーは、最低限として1,000マイルを料金と引き換えに、またはMabuhay Miles Table of Fees(マブハイマイル料金表)に用意された一定のマイル数を使用して購入することができます。取引ごとの手数料及び税金は、適用される場合、メンバーが支払うものとします。マブハイマイルは、マブハイマイルのウェブサイト(www.mabuhaymiles.com)上に手数料及び適用される税金を公開するものとします。

3.1.6. マイル購入の取引は確定するものとし、その取り消しはできず、支払われた料金は払い戻し不可となります。

3.1.7. 購入されたマイルの有効性は、「マイルの購入」の第IV条、第1.3項に明記されたマイレージ有効期限の規則に準拠するものとします。

                       3.2. マイルの購入手続きの条件

3.2.1. メンバー/法的保護者は、Buy Miles Request Form(マイルの購入リクエストフォーム)に必要事項を記入し、有効なID及び支払いと共にマブハイマイルサービスセンターまたは任意のPAL発券オフィスに提出する必要があります。

4. マイルの移行

マイルの移行は、別のメンバーが即座に利用できるように設定されたマイルを獲得する機能です。この機能は、自身のアクティブな口座から別のメンバーのアクティブな口座にマイルを移行するために利用することができます。                 

                      4.1. 一般約款

4.1.1. 移行されたマイルは、別のメンバーの口座に加算されるものとし、即座に交換を行うために使用されなければなりません。

4.1.2. 任意の単一の口座に対し、1年内(1月~12月)に最大15万マイルの移行または受け取りが可能です。

4.1.3. メンバーは、最低限として1,000マイルを料金と引き換えに、またはMabuhay Miles Table of Fees(マブハイマイル料金表)に用意された一定のマイル数を使用して移行する/受け取ることができます。取引ごとの手数料及び税金は、適用される場合、メンバーが支払うものとします。マブハイマイルは、マブハイマイルのウェブサイト(www.mabuhaymiles.com)上に手数料及び適用される税金を公開するものとします。 

4.1.4. 移行されたマイルは、エリートティアステータスに対しては加算されません。

4.1.5. マイル移行の取引は確定するものとし、その取り消しはできず、支払われた料金は払い戻し不可となります。

4.1.6. 移行されたマイルの有効性は、「マイルの購入」の第IV条、第1.3項に明記されたマイレージ有効期限の規則に準拠するものとします。

                       4.2. マイルの移行手続きの条件

4.2.1. メンバー/法的保護者は、Miles Transfer Request Form(マイルの移行リクエストフォーム)に必要事項を記入し、有効なID及び支払いと共にマブハイマイルサービスセンターまたは任意のPAL発券オフィスに提出する必要があります。

5. 失効マイルの復活

失効マイルの復活は、特定の期間内に交換に使用する目的として、メンバーが失効したマイルを再有効化できるように設定されたマイルを獲得する機能です。

                       5.1. 一般約款

      5.1.1.メンバーは、マイルが失効した翌年度末までに失効マイルの復活のリクエストを行うことができます

5.1.2. メンバーの失効マイルは、Table of Reinstatement of Expired Miles(失効マイルの復活表)に従い、料金と引き換えに復活させることができます。取引ごとの手数料及び税金は、適用される場合、メンバーが支払うものとします。マブハイマイルは、マブハイマイルのウェブサイト(www.mabuhaymiles.com)上に失効マイルの復活にかかる料金、手数料、及び適用される税金を公開するものとします。Reinstatement of Expired Miles Table(失効マイルの復活表)に用意された一定の許容マイル数以下のマイルの割合は、その割合分に相当する金額が請求されるものとします。

5.1.3. 復活されたマイルはいったん失効すると、再度復活の対象とすることができなくなります。

5.1.4. 復活されたマイルは、エリートティアステータスに対して加算されません。

5.1.5. 失効マイルの復活の取引は確定的な手続きであり、その取り消しはできず、支払われた料金は払い戻し不可となります。

5.1.6. 復活されたマイルの有効性は、「マイルの購入」の第IV条、第1.3項に明記されたマイレージ有効期限の規則に準拠するものとします。

         5.2. 失効マイルの復活手続きの条件

5.2.1. メンバー/法的保護者は、メール( mabuhaymiles@philippineairlines.com)にて復活のリクエストを行うか、検討のためにマブハイマイルに書面によるリクエストを送付することができます。 リクエストには、メンバーの氏名、会員番号、連絡先詳細、及びメンバー/法的保護者の有効なIDのスキャンまたはコピーを添付する必要があります。

5.2.2. メンバーは、マブハイマイルサービスセンターまたはPAL発券オフィスにて支払いを進めてください。 

5.2.3. メンバーは、支払いから2営業日後に、マブハイマイルのウェブサイト(www.mabuhaymiles.com) の会員口座にアクセスするか、 マブハイマイルサービスセンターまたはPAL予約センターに問い合わせることで、失効マイルの復活の状況を確認することが求められます。  

5.2.4. 失効マイルの復活の取引は確定的な手続きであり、その取り消しはできず、支払われた料金は払い戻し不可となります。

6. マブハイマイルプログラムの提携会社を通じたマイルの獲得

                        6.1. 一般約款

6.1.1. メンバーは、プログラムへ入会及び受け入れられた時点で、提携会社を通じてフライト以外のマイルを獲得することができます。

6.1.2. 対象取引及び該当する獲得マイルは提携会社により異なり、予告なく変更されることがあります。

6.1.3. 複数の個人が同じ製品またはサービスを共有している場合、マイルは取引の確認書に表示される名前のメンバーに付与されるものとします。

6.1.4. 提携会社を通じて獲得したフライト以外のマイルは、エリートティアステータスの資格に対して加算されません。

6.1.5. 提携会社から獲得した全てのポイントは、交換可能マイルに変換された時点で、マブハイマイル利用規約の対象となるものとし、提携会社の利用規約と矛盾がある場合は、マブハイマイル利用規約が優先することが了解されます。

6.1.6. 獲得または交換されたマイルが適用された製品、サービス、またはイベントから生じる、またはそれらに関連するあらゆる紛争は、関連する提携会社が単独で責任を負うものとします。


      6.2. 提携会社の手続きの条件

6.2.1. フライト以外のマイルの加算については、メンバーは予約/ブッキング時、及び提携会社の製品またはサービスの利用時に会員番号を提示する必要があります。

6.2.2. メンバーは、フライト以外のマイルがマブハイマイルの口座に反映されるまで、提携会社との取引の確認書を保持しておく必要があります。

6.2.3. 提携会社の最新リストに関する情報については、マブハイマイルのウェブサイト(www.mabuhaymiles.com)をご覧になるか、マブハイマイルまでお問い合わせください。

6.2.4. 対象取引に関する詳細については、メンバーは提携会社に直接お問い合わせください。

7. マブハイマイル共同ブランドのクレジットカード

7.1. メンバーは、フライト以外のマイルに変換可能な共同クレジットカードからポイントを獲得することができます。

7.2. マイルを獲得するには、メンバーは共同クレジットカードを使用する必要があります。使用に際しては、共同クレジットカードにおいて規定される規約と制約事項が適用される場合があります。

7.3. 変換レート及び特定の規約と制約事項は、共同ブランドのクレジットカードのパートナー間で異なる場合があります。適用変換レートは随時変動する可能性があり、共同ブランドのクレジットカードの変換レートを確認することは、メンバーの責任となります。

7.4. 既存のマブハイマイルの口座を所有するメンバーは、マイルの適切な加算のために、共同ブランドのクレジットカードの登録時にその会員ID番号を表記する必要があります。

7.5. 共同ブランドのクレジットカードでは、フライト以外のマイルへのポイントの変換が可能になる前に、最低限のポイントを獲得するよう要求される場合があります。随時変動する可能性がある、適用最小ポイント数について、共同ブランドのクレジットカードを確認することは、メンバーの責任となります。

7.6. ポイントはフライト以外のマイルに自動的に移行または変換されないため、共同ブランドのクレジットカードのパートナーとの連携を通じて、メンバーがその処理を開始する必要があります。

7.7. 共同ブランドのクレジットカードの補足的なカード保有者により獲得されたポイントは、主要なカード保有者の口座に積算されるものとします。

7.8. 共同ブランドのクレジットカードに関連した取引に関する質問は、共同ブランドのクレジットカードのパートナーに直接お問い合わせください。


V. マイルの事後加算

メンバーは対象取引の利用後に、マイルの加算をリクエストすることができます。加算されたマイルの有効性は、アクティビティ日に基づくものとします。マイルの事後加算は、以下の場合にリクエストすることができます:

1. フライトマイル
1.1. 一般約款

1.1.1. 新規入会メンバーについては、入会日の3ヶ月前までに使用した対象フライト。 これは、座席の有無にかかわらず、幼児に使用したフライトに適用されないものとします。

1.1.2. 対象フライトを利用するメンバーが、フライトの混乱またはキャンセルにより、PALが運航する別のフライト、または他の航空会社のフライトに経路変更された場合。マイルの獲得は、元の経路と元のサービスクラスのマイレージに基づきます。

1.1.3. 対象外のフライトを利用するメンバーが、PALが運航するフライトで別の航空会社からエンドース(裏書き)を受け、そのエンドースにより対象フライトとされた場合。マイルの獲得は、使用されたフライト区間とPALのサービスクラスに基づきます。

1.1.4. 何らかの理由で、マイルが会員口座に反映されていない場合、メンバーは未加算マイルの事後加算をリクエストすることができます。

1.1.5. オンライン口座に(www.mabuhaymiles.comを通じて)ログインするか、マブハイマイルに問い合わせることにより、対象フライトが口座に反映されていることを監視または確認することは、メンバーの責任となります。メンバーは、フライト日から12ヶ月以内に、未加算マイルの事後加算のリクエストを提出するものとします。

1.1.6. メンバーは、6週間の処理時間を考慮しなければなりません。

1.2. フライトマイルの事後加算手続きの条件

1.2.1. PALまたはPAL Expressが運航するフライト(PALコードシェアサービス/コードシェア便)については、メンバーは、以下を通じて、マイルの事後加算をリクエストすることができます:

1.2.1.1. マブハイマイルのウェブサイト(www.mabuhaymiles.com)を通じて、オンライン口座にログインし、フライトの詳細を提供する。

1.2.2. PAL Expressが運航するフライト(PALコードシェアサービス/コードシェア便に基づかない)、およびコードシェアパートナーが運航するその他のコードシェア便については、メンバーは航空券もしくは旅程確認書および搭乗券のコピーをマブハイマイルサービスセンターまたは任意の発券オフィスに提出することにより、マイルの事後加算のリクエストを行うことができます。

2. フライト以外のマイル
2.1. 一般約款

2.1.1. メンバーは、アクティビティ日から6ヶ月以内に、事後加算のリクエストを提出するものとします。

2.1.2. メンバーは、6週間の処理時間を考慮しなければなりません。

2.2. フライト以外のマイルの事後加算手続きの条件

2.2.1. メンバーは、提携会社に直接リクエストし、その要件に従うことで、マイルの事後加算のリクエストを行うことができます。



VI. 旅行特典の交換

旅行特典には、フライトの特典航空券、Flexiflyer(フレキシフライヤー)特典航空券またはサービスクラスアップグレート(SCU)の特典の形式があります。

1. 一般約款

1.1. PALはPALのフライトの旅行特典を発行する権限を有する唯一の企業です。その他の企業により発行された旅行特典は受け入れられないものとします。   

1.2. メンバー/法的保護者は、マブハイマイルサービスセンターまたは任意のPAL発券オフィスまたはPAL予約センターにて旅行特典を請求することができます。

1.3. フライトの特典航空券またはFlexiFlyer(フレキシフライヤー)特典航空券をPALのフライト用に交換するメンバーは、マブハイマイルサービスセンター、PAL予約センターまたは発券オフィスを通じてリクエストする必要があります。フライトの特典航空券またはFlexiFlyer(フレキシフライヤー)特典航空券の発行及び自発的な変更は、PALにより処理されるものとします。

1.4. メンバーは、自身の口座から獲得されたマイルを使用して旅行特典に交換することができます。メンバーは、メンバーまたは受取人の氏名で旅行特典の発行をリクエストすることができます。子供または幼児のためのマイル交換は、PAL及び政府のポリシー、及び未成年者の運送要件の対象となります。

1.5. メンバーは、交換に必要なマイルが子供または大人向けのフライトの特典航空券と同等であることを条件として、受取人とした幼児のために、フライトの特典航空券またはFlexiFlyer(フレキシフライヤー)特典航空券に交換することができます。

1.6. 旅行同伴者が同行する必要がある受取人のために旅行特典の交換を行う場合、旅行同伴者の航空券は受取者と同じサービスクラスであるほか、交換前に既に発行されていなければなりません。

1.7. 旅行特典の利用は、指定座席の利用状況に応じて、予定されるPALの定期便に対してのみ認められ、目的地、フライト番号、旅行日、及び旅行シーズンにより異なる場合があります。PALは、特定のフライトにおいて特典座席数を制限する場合があります。特典座席の確定は、予約時の空席状況に応じての対応となります。旅行特典は、確定済みの予約に基づいてのみ発行されるものとします。

1.8. 旅行特典は、緊急手数料の支払いを避けるために、フライト出発日の少なくとも10日前までに交換される必要があります。(緊急手数料の詳細は、第VI条、第6項に記載されています)。

1.9. メンバー/受取人は、旅行特典の発行または再発行が可能になる前に、適用される税金、料金、手数料、罰金、及び/または追加料金を支払うものとします。メンバー/受取人は、空港で支払うべき、その他全ての税金、料金または手数料の責任を負うものとします。

1.10. PALは、電子航空券(Eチケット)として旅行特典を発行し、旅行特典航空券の追加の再発行手数料を請求するものとします。

1.11. PALは、マブハイマイル利用規約及びPALの一般運送約款に違反して交換または発行された旅行特典を無効にする、取り消す、または放棄する権利を留保します。

1.12. 旅行特典に運賃価格はなく、換金することはできません。 フライトが航空会社の責めに帰すべき事由によりキャンセルされた場合、メンバーは、フィリピン航空旅客の権利規定(PPBR:Philippine Passenger Bill of Rights)に基づき、補償と便益を受ける権利を有します:

a. マイルは、搭乗者が航空券の予約を変更しないことを決定した場合、マイル使用元の口座に再加算されるものとします。

b. 搭乗者が航空券の予約を変更しない場合、既に提供されたサービスの管理手数料を除き、適用される税金及び追加料金は払い戻しできるものとします。

c. 搭乗者は、その他の航空会社にエンドース(裏書き)されないものとします。ただし、PAL Expressが運航するフライトにエンドースが可能なフライトの特典航空券に関する場合であり、空席やその他の状況により前述の手配が可能であるという条件においてはその限りではありません。

フライトが航空会社の責めに帰すべき事由によりキャンセルされ、メンバーが旅行特典の予約を変更することを決定した場合、追加料金は免除されるものとします。ただし、メンバーが空席状況に応じて直近の利用可能なフライトの使用を希望するか、または旅行特典が有効である場合30日以内のフライトの使用を希望することを条件とします。30日の期間後のあらゆる予約変更(旅行特典がまだ有効である場合)は、適用される税金、料金、手数料、及び予約変更料金の対象となるものとします。

不可抗力、安全及び/またはセキュリティ上の事由によりフライトがキャンセルされた場合、メンバーはマイルの使用元にあたる口座へのマイルの無料の再加算及び税金と追加料金の返済を受ける権利のみを有するものとし、既に提供されたサービスの管理手数料の返済は受けられないものとします。

1.13. 出発予定時刻から少なくとも3時間以上のターミナル遅延が発生した場合、メンバーはPPBRに基づいた補償と便益を受ける権利を有します。前項(第1.13節)の規則はまた、旅行特典の返済可能性、予約変更可能性、及びエンドース(裏書き)可能性に関し、少なくとも3時間を経過したターミナル遅延の状況に適用されます。

1.14. 旅行特典は、マブハイマイル利用規約及び前述に矛盾しない範囲内で準拠するものとし、PALにより実施される運送及びその他の関連サービスは、政府当局の承認に従い、参照することにより本利用規約の一部となる、PALの利用規約及び一般運送約款、及びタリフ規制の対象となります。

2. フライトの特典航空券

2.1. フライトの特典航空券は、国内線または国際線であるか、メンバーまたは受取人のために交換されたか否かにかかわらず、あらゆる種類の特典航空券を意味するものとします。

2.2. 国内及び国際線の特典航空券は、片道または往復のいずれかにすることができます。国際線の特典航空券の場合、経路がアメリカ合衆国(US)のある拠点から別のUS拠点であるという条件のもとで周遊が認められます。搭乗者は、別のUSの目的地への旅行を続ける前に、フィリピンに少なくとも72時間滞在する必要があります。

2.3. フライトの特典航空券は、緊急手数料の支払いを避けるために、フライト日から少なくとも10日前以降に、ただしフライト出発時刻の6時間以上前までに交換する必要があります。

2.4. 予約クラスコードA、N、Gは、それぞれビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミークラスのフライトの特典航空券に対して使用するものとします。以下の予約クラスコードは、前述のクラスサービスが交換に利用可能である場合に使用するものとします。

2.5. メンバーは、緊急手数料の妥当性に影響することなく、PAL により規定された発券の期限内にPALのフライトの特典航空券の発行手続きを完了させておく必要があります。

規定期間内にフライトの特典航空券の請求を怠った場合は、結果として確定済みフライトの予約が自動的に取り消される場合があります。

2.6. フライトの特典航空券の有効性は、PALのフライトの特典航空券に特別の定めがない限り、発行日から1年間有効となります。旅行は有効期限内に完了する必要があります。

マブハイマイルは、随時、追加または特別の制約条項の対象となる、プロモーションに基づいたフライトの特典航空券を導入する場合があります。

2.7. フライトの特典航空券は延長できません。

2.8. フィリピンで発行、再発行、またはリバリデーションされ、出発時刻から4時間(国内線)及び24時間(国際線)以内にキャンセルされていないPALの国内線及び国際線の特典航空券の予約は、PALのタリフ規制に規定されているノーショー料金/ノーユーズ料金(NUF)及びその他の適用される料金、税金または手数料が支払われた時点で、リバリデーション、再発行、または再加算されるものとします。

あらゆる変更に際して、PALの国内線特典航空券が元のフライトの出発時刻から4時間前までにリバリデーションまたは再発行されることが前提となります。そうでない場合は、予約がキャンセルされたとしても、ノーショー料金が請求されます。

PALの国際線航空券は、任意の時点でのリバリデーションまたは再発行が可能ですが、特典航空券の有効期間内でなければなりません。 

2.9. フライトの特典航空券は、フライトのスケジュール変更や遅延、欠航による場合を除き、かつPALまたはPAL Expressが運航する路線でない限り、路線の変更はできません。

自発的な経路変更は、以下の限定された経路に対してのみ認められます:

a. サンフランシスコの目的地からロサンゼルスまたはその逆への経路変更

b. オーストラリアの目的地から、ダーウィンを除くその他のオーストラリアの目的地への経路変更

c. 日本の目的地から、福岡を除くその他の日本の目的地への経路変更

d. 中国の目的地から、別の中国の目的地への経路変更

e. サウジアラビア王国の目的地から、別のサウジアラビア王国の目的地への経路変更

f. アラブ首長国連邦の目的地から、別のアラブ首長国連邦の目的地への経路変更


経路変更の条件:

a. 同じサービスクラスでの経路変更

b. 搭乗者の氏名に変更がない

c. 元の目的地と同じ国内の目的地へ、かつ同じ出発国から出発する経路変更のみ(例:MNL-XMNからMNL-CANへの経路変更は可能ですが、XMN-MNLへの変更はできません)

d. 元の目的地は、新しい目的地と同一のマイレージ交換価値がなければならない。

e. 航空券は有効でなければならない。


2.10. フライトの特典航空券の場合、交換価値または構成にかかわらず、マイルの獲得はないものとします。

2.11. フライトの特典航空券は、その他のあらゆるプロモーション、オファー、SCUまたはアップグレード証書及び無料アップグレードと共に使用することはできません。

2.12. フライトの特典航空券は、座席の占有を必要とする品物、物体、機器、または動物ではなく、人物である受取人のためにのみ発行することができます。

フライトの特典航空券は、担架を使用する搭乗者に対応するために全列を購入する、または1人の搭乗者のために追加の座席を購入する必要があるなど、より上位の予約クラスを必要とするサービスに使用することはできません。

2.13. メンバー/受取人は、メンバー/受取人が適用されるノーショー料金/ノーユーズ料金を支払うという条件のもとで、元の確定済みの予約の日付と同日に出発するフライトのスタンバイにフライトの特典航空券を使用することを選択できます。

2.14. フライトの特典航空券は、フライトの特典航空券が有効であり、搭乗者の氏名、出発地、目的地、経路、サービスクラスに変更がない限り、適用される予約料金、税金、追加料金が支払われるという条件のもとで、再予約、リバリデーション、または再発行することができます。再予約及び再発行の場合、あらゆる税金、料金、または追加料金のその後の増加分の差額が収集されるものとします。ミリオンマイラーの場合、再予約料金は適用されないものとします。

メンバーは、最大2回までの再予約、リバリデーションまたは再発行のみしか認められません。メンバーは、マブハイマイルのウェブサイト(www.mabuhaymiles.com)で公開されているRedeposit Fee(再加算料金)の支払いが適用される、再予約、リバリデーション、または再発行の許容数を超えた取引に対し、「マイルの再加算(Redeposit of Miles)」機能のみを利用することができます。

2.15 フライト特典航空券には、有償航空券の無料手荷物許容量と同じ無料手荷物許容量が認められます。

3. FlexiFlyer(フレキシフライヤー)特典航空券

FlexiFlyer(フレキシフライヤー)特典航空券は、メンバーがより上位の予約クラスコードに基づき、旅行特典航空券を交換できるように設定された旅行特典です。

3.1. FlexiFlyer(フレキシフライヤー)特典航空券は、次のより上位の予約クラスコードのエコノミークラスに対して利用できます:T/V/L(国内線)、T/B/M(地域路線または国際便)。FlexiFlyer(フレキシフライヤー)特典航空券は、国内線、地域路線、国際便のビジネスクラスDに対して利用できるようになりました。

3.2. FlexiFlyer(フレキシフライヤー)特典航空券の交換に必要とされるマイルは、正規の交換価値の50%増しとなります。

3.3. メンバーはまた、前述に規定される条件、さらに成人の旅行同伴者が同行するという条件で、幼児のためにFlexiFlyer(フレキシフライヤー)特典航空券に交換することができます。

3.4. フライトの特典航空券に適用される諸条件は、同様にFlexiFlyer(フレキシフライヤー)特典航空券に適用されるものとします。

4. サービスクラスアップグレードの特典

サービスクラスアップグレードの特典(SCU)は、以下の条件が適用される、有料航空券に記載されるサービスクラスから、一方向かつ一段階のアップグレードの資格をメンバーまたは受取人に付与するものです。

4.1. SCUの特典は、以下の条件に基づき、PALにより発行された有料航空券を使用して確定された予約を必要とします:

• マイル獲得の要件を満たしている

• アップグレード不可の制約がない

• 特定の予約クラスコードの航空券を含む、プロモーション航空券はSCUに対するアップグレードの対象とならない。マブハイマイルは、予告なく随時予約クラスコードを変更する権利を留保します。したがって、公開されている対象外の予約クラスコードに関する最新情報を確認することは、メンバーの責任となります。


4.2. メンバー/旅行同伴者が同行する必要がある受取人は、旅行同伴者がビジネスクラス、プレミアムエコノミー、またはアップグレードが確定されたエコノミークラスを所有している場合に限り、SCUを使用することができ、さらに両方の航空券は申請時に発行されていなければなりません。

安全規制に準じて、幼児は常に成人の同伴者のクラスに従わなければならないものとします。

4.3. SCUは、緊急手数料の支払いを避けるために、フライト日から少なくとも10歴日以上前に交換するものとします。フライト出発日の9日以内、ただし出発時刻の2時間以上前までに交換されたSCUは、緊急手数料が適用されるものとします。フライト出発時刻の2時間以内のSCUの交換は認められません。

4.4. SCUの特典は、アップグレードが適用された有料航空券の有効性に従います。

4.5. いったん有料航空券に適用されると、SCUの特典は譲渡できなくなります。

4.6. SCUの特典の受取人は、幼児を除き、マブハイマイルのメンバーである必要があります。

4.7. SCUの特典を使用してアップグレードした航空券は、購入された元のサービスクラスに基づいてマイルが獲得されるものとします。メンバーまたは受取人は、全要件が満たされてから4日以降に、SCUの特典の状況を追跡することができます。

4.8. 国内線の有料航空券の場合、再発行料金はアップグレードに対して請求されるものとします。

4.9. SCUの特典を使用してアップグレードされた航空券の再予約は、購入された元の航空券の制約事項と手数料が適用されるものとします。搭乗者は、はじめに新しい希望の旅行日に対して元のサービスクラスの予約を確保し、同時に上位のクラスサービスを確保する必要があります。その後、発券オフィスの適用手数料を支払うことにより、航空券のリバリデーションを完了する必要があります。

4.10. いったん処理されたSCUは、次を含むその他のアップグレードとの組み合わせまたは交換に利用できなくなります:アップグレード証書、Special Airport Concession(SAC:スペシャルエアポートコンセッション)の権限、または非自主的なアップグレード。

4.11. SCUの特典は、有料航空券の経路変更が行われた場合は利用できないものとします。前述の経路変更を行う際、メンバーはマブハイマイルサービスセンターまたは任意のPAL発券オフィスにて、SCUの特典の取り消しと会員口座へのマイルの再加算をリクエストし、必要な料金を支払うものとします。

4.12. SCUの特典に使用されるマイルは、メンバーのリクエストにより取り消しと会員口座への再加算が可能です。マブハイマイルは、適用される場合、マブハイマイルのウェブサイト(www.mabuhaymiles.com)上にRedeposit Fee(再加算料金)及び税金を公開するものとします。適用される再加算料金及び税金は、予告なく変更されることがあるため、処理される前に再加算料金及び税金を確認することは、メンバーの責任となります。

4.13. SCUの特典に使用されるマイルの再加算は、SCUの特典が未使用であり、航空券が有効であるという条件のもとで認められるものとします。

4.14. SCUが確定された時点で、メンバー/受取人は、プレミアムエコノミーまたはビジネスクラスの収益対象かつ正規運賃の航空券に適用される特権、中でも特に優先チェックイン、無料手荷物許容量、ラウンジアクセス、優先搭乗、手荷物の優先処理を受けるものとします。

5. 旅行特典の請求

5.1. 旅行特典を請求する際は、以下の手続きが適用されるものとします:

5.1.1. メンバーは、フライトの特典航空券を予約するために、マブハイマイルサービスセンターまたはPAL予約センターに電話にて問い合わせる必要があります。フライトの確定済みの予約及び十分なマイル数は、フライトの特典を処理するための前提条件となります。

5.1.2. メンバー/法的保護者は、マブハイマイルのウェブサイト(www.mabuhaymiles.com)からダウンロードでき、マブハイマイルサービスセンターまたは任意のPAL発券オフィスで入手できるTravel Award Redemption Form(TARF:旅行特典交換用紙)の記入と署名を完了する必要があります。

5.1.3. 完了したTARFと共に、メンバー/法的保護者、及び権限を有する代理人は、以下の原本を提示し、さらにそれらのコピーをマブハイマイルサービスセンターまたは任意のPAL発券オフィスに提出する必要があります:

•メンバーのマブハイマイル会員カード(オプション)

• 1通のメンバー/法的保護者の写真及び署名付きの有効なID

• 搭乗者が国際線を使用して旅行している場合、搭乗者のパスポートの原本もまた提示されなければなりません。

•旅行特典がメンバーまたは法的保護者ではなく代理人によって請求される場合、TARFに基づき正当に授権された当該代理人が、旅行特典の請求時に写真と署名付きの有効なIDを提示する必要があります。

•SCUの場合、マイル獲得の基準を満たしている、PALが発行した有料航空券の予約番号/レコードロケーター。

5.2. 旅行特典を請求する際、メンバーはマブハイマイルサービスセンターまたはPAL予約コールセンターに電話して、電話で交換を行うこともできます。SCUはまた空港でのチェックイン時に交換することもできます。

フィリピン/オーストラリア/カナダから電話するメンバーは、マブハイマイルサービスセンターまたはPAL予約センターまで、クレジットカードを使用して電話で旅行特典を請求できるようになりました。電話番号はそれぞれ、(632) 855-8888(マニラ)、(032) 340-0191(セブ)、1-800-737-725(オーストラリア)、1-800-435-9725(カナダ)となっています。

5.2.1.    フライトの特典航空券の場合、メンバーは、以下の条件を満たすことが可能な限り、電話での請求を行うことができます:


•メンバーが搭乗者である、及び/または自分自身のマイルを使用して旅行に参加するメンバー、または旅行に参加しないが自分自身のマイル及びクレジットカードを使用するメンバーが存在する

• メンバーのクレジットカードは、マブハイマイルのプロファイル上の氏名及びその他の検証可能な情報と正確に一致する

• マニラを出発地とした全てのPALの国内線及び国際線に適用されます。

カナダ及びオーストラリアから電話するメンバー(電話番号はカナダが1-800-435-9725、オーストラリアが1-800-737-725)の場合、税金を交付する国家の徴収制度の条件に応じて、適用税金もまた適切に請求されます。

•リクエストされた予約は、以下に準拠します:

•メンバーは、取引を行う時点で、十分な交換可能なマイルを所有していなければならない

•搭乗者はトラベルタックス(旅行税)の免除または軽減をリクエストしていない 

再予約された、必要な料金及び手数料が適用されるフライトの特典航空券の場合、メンバー/受取人は、以下の条件を満たすことが可能な限り、電話での請求を行うことができます:

•電話で請求されたフライトの特典航空券の場合、最初の発行時に使用されたメンバーのクレジットカードが再予約及び支払いに使用されなければならない。

•マブハイマイルサービスセンターまたはPAL発券オフィスを通じて請求されたフライトの特典航空券の場合、旅行団体のいずれかの者のクレジットカードを再予約と支払いに使用することができる。


5.2.2. SCUの場合、メンバーは、以下の条件を満たすことが可能な限り、電話での請求を行うことができます:

•メンバーが自分自身のマイルを使用する搭乗者である、またはメンバーが自分自身のマイルを使用して旅行に参加する。

•予約クラスコードAの予約が確定されたSCUに対してのみ受け付けられる。

•マイルが差し引かれるメンバーが電話でリクエストを行う必要がある。

•取引を行う時点で、メンバーは十分な交換可能マイルを所有している必要がある。

•メンバーは、緊急手数料が適用される場合は、自分自身のクレジットカードを使用する必要がある。

•リクエスト時にキャンセル待ちリストに追加されたSCUのリクエストの場合、メンバーは、「旅行特典の交換」第VI条、第5.1.3項に明記されている要件をマブハイマイルサービスセンターまたはPAL発券オフィスまで送付する必要がある。


5.2.3. SCUの場合、メンバーは、以下の条件が満たされている限り、空港でのチェックイン時の請求を行うことができます:

• メンバーが自分自身のマイルを使用する搭乗者である、または

• メンバーの旅行同伴者かつマブハイマイルのメンバーである必要がある

• SCUは、ビジネスクラスに空席があり、機内食締め切り時間内(フライト出発時刻の2時間以上前)である場合に限り認められる

• メンバーはSCUのリクエストに対応する十分なマイルを所有している必要がある

• SCUのリクエストは、マニラを出発地とし、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ホノルル、ニューヨーク、バンクーバー、及びトロントを目的地とする搭乗者に適用されるものとする。

その他のPALまたはPAL Expressの経路から出発し、太平洋横断経路の旅行を続ける搭乗者は、マニラ空港到着時に、チェックインエージェントが処理することができるチェックインカウンターを通じて、SCUをリクエストすることができます。

• SCUのリクエストは、ウェブ/モバイル経由でチェックインしていない搭乗者のみに適用される。

• メンバー/法的保護者は、チェックインカウンターで以下の書類を提示する必要があります:

o   メンバーのマブハイマイル会員カード(オプション)

o   1通のメンバー/法的保護者の写真及び署名付きの有効なID

o   適切な有料航空券の予約番号/レコードロケーター

o   搭乗者

• 搭乗者は、第VI条、第6項に準じて、即日緊急手数料を支払う必要があります。

6. 緊急手数料

緊急手数料は、フライト出発日から10暦日以内に発行されたフライトの特典航空券、及びフライト出発日から10暦日以内に提出されたSCUの交換に対して請求されるものとします。

必要な全ての書類がマブハイマイルサービスセンターまたはPALに提示された日にのみ、SCUの交換は提出されたものとみなされ、フライトの特典航空券の交換に発行が考慮されるものとします。

マブハイマイルは、マブハイマイルのウェブサイト(www.mabuhaymiles.com)上に、適用される場合、緊急手数料と税金を公開するものとします。適用される緊急手数料及び税金は、予告なく変更されることがあり、払い戻し不可であるため、メンバーの責任において交換を行う前に確認する必要があります。

7. マイルの再加算

7.1. メンバーは、旅行特典をキャンセルし、使用済みのマイルの再加算をリクエストすることができます。マイルの再加算は、キャンセルが旅行特典の有効期限内に行われるという条件のもとで、完全に未使用または部分的に使用された旅行特典に対して行うことができます。

7.2. 再加算されたマイルは、適用される場合、メンバーが税金の払い戻しを同時に申請した限り、マイルのキャンセルがリクエストされた日から6週間以降に反映されるものとします。税金の払い戻しの標準の手続きが適用されるものとします。

7.3. 税金、料金、及び手数料は、フライトの特典航空券が発行された同日に行われたキャンセルに対して完全に払い戻しされるものとします。そうでない場合、適用される払い戻しの手続きに準拠するものとします。マブハイマイルの料金とサービス手数料は、払い戻しできません。

発行された米国区間(グアム及びハワイを含む)を含むフライトの特典航空券の場合、メンバーは、罰金を支払うことなく、フライトの特典航空券のキャンセルとマイルの再加算が認められるものとします。さらに、フライトの特典航空券が交換から24時間以内にキャンセルされ、かつ当該交換が予定されるフライト出発日の1週間以上前に行われる限り、税金、料金、手数料の100%の払い戻しを受けるものとします。適用される払い戻しの手続きに準拠するものとします。

メンバーは、保険及び燃油サーチャージを含む、政府税の払い戻しをリクエストすることができます。PALのフライトの特典航空券の有効期限から30日以上経過した後に申請された場合の払い戻しは認められません。

7.4. 旅行特典がマイルの再加算の対象外となった場合、メンバーは、払い戻し額のないサービスクラスアップグレードを除き、保険及び燃油サーチャージを含む、政府税の払い戻しをリクエストすることができます。保険及び燃油サーチャージを含む、政府税の払い戻しのリクエストは、フライトの特典航空券の有効期限内に申請されなければなりません。

7.5. マブハイマイルは、マブハイマイルのウェブサイト(www.mabuhaymiles.com)上にRedeposit Fee(再加算料金)及び適用税金を公開するものとします。再加算料金は、予告なく変更されることがあり、払い戻し不可となります。

7.5. 再加算されたマイルは、第IV条、第1.3項に基づき、マイレージ有効期限の規則に準拠するものとします。


VII. 法的保護者

1. 法的保護者

1.1. 法的保護者は、18歳以上でなければなりません

1.2. 法的保護者は、メンバーの口座において登録された法的保護者となるために、マブハイマイルまでリクエストを提出しなければなりません。

1.3. PALが個人をメンバーの法的保護者として認識するためには、メンバーとの関係の証明、または後見人としての証明が必要になります。

1.4. 未成年者の口座に関わるあらゆる取引は、法的保護者の権限のもとに、法的保護者の同意を得たうえで行われるものとします。ただし、18歳の法定年齢に達した時点で、メンバーはマブハイマイルの口座に対し独自の権限を自動的に獲得するものとします。 


VIII. マブハイマイルメンバーシップのティアステータス(エリート/プレミアエリート/ミリオンマイラー)

1. エリートレベルの資格

1.1. マブハイマイルは、メンバーのティアステータスを決定するものとします。ステータスのあらゆる変更は、メンバーの資格認定時に自動的に有効になります。メンバーには新規の会員カードが送付されます。

1.2. エリート及びプレミアエリートの資格認定期間は、各現行年度の1月1日から12月31日の期間となります。メンバーは、資格認定期間ごとに、以下に規定する要件を満たす必要があります。特定の資格認定期間に獲得されたマイルは、異なる資格認定期間におけるティアの適格性の考慮に含めることはできません。

1.3. エリートレベルの資格基準は、PAL及びコードシェア便の対象航空券に関する以下のアクティビティを含みます:

                                   1.3.1. エリート

a. 2万5,000ティアマイル(実飛行マイル)の蓄積(ティアマイルの定義を参照)

b. 区間の基準:任意のクラスサービスでの片道対象フライト30便分、またはビジネスクラスの片道対象フライト15便分

                                    1.3.2. プレミアエリート

                                           a. 4万5,000ティアマイル(実飛行マイル)

b. 区間の基準:任意のクラスサービスでの片道対象フライト50便分、またはビジネスクラスの片道対象フライト25便分

                                   1.3.3. ミリオンマイラー

a. 入会日から100万(1,000,000)の積算ティアマイル(実飛行マイル)に達したメンバーには、生涯のプレミアエリートの特権を享受するミリオンマイラーのステータスが付与されます。

b. ティアマイル(実飛行マイル)の計算に異なる方式が適用された時期に入会されたメンバーの場合、その方式に基づいて計算された積算ティアマイル(実飛行マイル)の合計は、ミリオンマイラーのステータスを決定する目的として、現行のプログラムの方式に基づき、現在のティアマイル(実飛行マイル)の合計に自動的に適用及び加算されます。

1.4. 上述の資格条件を満たすメンバーは、資格認定時に該当するエリートまたはプレミアエリートの特権が自動的に付与されるものとします。ティアステータスは、次の資格認定期間に続く第2の月末まで有効です。

           2. エリートレベル特典

2.1. エリートまたはプレミアエリートのステータスを達成したメンバーは、以下のPALまたはPAL Expressが運航するフライトで特典を受けるものとします。

2.1.1. ティアベースのボーナスマイル

ティアベースのボーナスマイルは、サービスクラスのボーナスマイルに加え、各対象フライトに対してエリート及びプレミアエリートに付与されます。前述のティアベースのボーナスマイルはマブハイマイルの口座に反映され、交換可能マイルに加算されます。ティアベースのボーナスマイルは、メンバーのティアステータスの決定において考慮されず、マイルの有効性の規則に準拠するものとします。

2.1.1.1. エリートメンバーは、25%のティアベースのボーナスを獲得します。
a. エコノミークラス - 獲得したマイル数に基づきます
b. ビジネスクラス - 実際の飛行距離に基づきます

2.1.1.2. プレミアエリートメンバーは、米国、カナダ、またはヨーロッパ発着の各対象フライトの75%のティアベースのボーナスを獲得します。その他の全ての対象フライトについては、プレミアエリートメンバーは、25%のティアベースのボーナスを獲得します。
a. エコノミークラス - 獲得したマイル数に基づきます
b. ビジネスクラス - 実際の飛行距離に基づきます

                               2.1.2 アップグレード証書(UTC)

                                           2.1.2.1. 一般約款

2.1.2.1.1. メンバーは、資格認定期間(現行年度の1月1日から12月31日)内に4万5,000ティアマイル(実飛行マイル)を貯めると、2通のUTCを獲得します。同メンバーは、同期間内に追加2万5,000ティアマイル(実飛行マイル)ごとに、2通のUTCを取得します。

2.1.2.1.2. ミリオンマイラーは、年次ごとに4通のUTCを無料で取得します。さらに、第2.1.2.1.1号に記されているUTCも獲得するものとします。

2.1.2.1.3. UTCは発効日から1年間有効であり、メンバー及び/またはその受取人(座席を使用する幼児を含む)に、空席の状況に応じて、1区間1段階のサービスクラスアップグレードの資格を付与します。

2.1.2.1.5. 一定の予約クラスコードのプロモーション航空券は、UTC のアップグレードの対象とならないものとします。マブハイマイルは、予告なく随時予約クラスコードを変更する権利を留保します。したがって、公開されている対象外の予約クラスコードに関する最新情報を確認することは、メンバーの責任となります。

UTCを使用してアップグレードされた航空券は、対象航空券の元のクラスサービスに基づいたマイルの獲得が可能です。

2.1.2.1.6. 旅行同伴者に同行されたメンバー/受取人は、旅行同伴者も同様にビジネスクラスまたはプレミアムエコノミー、またはアップグレードされた航空券を保持している場合に限り、UTCを使用することができます。

2.1.2.1.7. UTCは、UTC、SCUの特典、またはSpecial Airport Concession(SAC:スペシャルエアポートコンセッション)の権限からのアップグレード、または非自主的なアップグレードと組み合わせることはできません。

2.1.2.1.9. UTCに現金価値はありません(換金不可)。

2.1.2.1.10. UTCは公認された登録文書であるため、紛失、盗難、または失効UTCの交換、再発行、延長はできないものとします。変更または毀損されたUTCの使用は認められず、交換または再発行できないものとします。

2.1.2.2. 手続きの条件

2.1.2.2.1. メンバー/受取人は、利用予定のフライトリストに氏名を記載する依頼をマブハイマイルサービスセンターまたはPAL発券オフィスまで電話で問い合わせる必要があります。

2.1.2.2.2. プレミアエリートメンバーは、座席の利用状況に応じて、フライト出発日の3日*前にアップグレード(UTC に基づく)を確定させることができます。受取人のアップグレードは、ステータスを問わず、座席の利用状況に応じて、フライト出発日の1日*前にアップグレードを確定させることができます。

*2016年9月1日発効

ミリオンマイラーは、対象となるエコノミークラスの有料航空券の発行時に、次のサービスクラスへのアップグレード(UTCに基づく)を確定させることができます。

マブハイマイルサービスセンター、PALの予約または発券オフィス以外を通じて予約・確定されたUTCは認められません。

PALは、UTCを使用する搭乗者向けの特定の座席のリクエスト及び特別機内食の積み込みは保証いたしかねます。

UTCが付与されたプレミアエリートメンバーが、その後利用時にエリートにダウングレードされた場合、フライト出発日の1日前のアップグレードを確定させる権利を利用できなくなります。

2.1.2.2.3. マブハイマイルサービスセンター、PAL予約または発券オフィスまで電話での問い合わせを行わないメンバーまたは受取人のアップグレードは、座席の利用状況に応じて、空港で先着順により確定されます。

2.1.2.2.4. 特典が付与されたメンバーにより正式に署名されたUTCの原本は、チェックイン時に提出する必要があります。そうでない場合、搭乗者または受取人のリクエストされたアップグレードは拒否されるものとします。

2.1.2.2.5. UTCが付与されたメンバーの旅行に同行していない受取人は、チェックイン時に以下を提示する必要があります:

a. UTCが付与されたメンバーにより正式に署名されたUTCの原本(UTCの被授与者)

b. UTCの被授与者の有効なID(写真と署名付き)の明瞭に表示されたコピー

2.1.2.2.6. 予約時に確定されたUTCを所有するメンバーは、以下を含む、その他のアップグレードと予約を交換することは認められません:SCU及びSpecial Airport Concession(SAC:スペシャルエアポートコンセッション)の権限、または非自主的なアップグレードの資格。

2.1.2.2.7. SCUが確定された時点で、メンバー/受取人は、プレミアムエコノミーまたはビジネスクラスの収益対象かつ正規運賃の航空券に適用される特権、特に優先チェックイン、無料手荷物許容量、ラウンジアクセス、優先搭乗、手荷物の優先処理を受けるものとします。

2.1.3. その他のエリート及びプレミアエリートの特権は、以下のとおりです:

2.1.3.1. 優先予約キャンセル待ちリスト

2.1.3.2. 優先空港スタンバイ

2.1.3.3. 優先チェックイン

2.1.3.4. 手荷物の優先処理

2.1.3.5. 優先搭乗

2.1.3.6. マブハイラウンジへのアクセス、VIPラウンジまたはコードシェア提携航空会社ラウンジへの参加。この特権には、以下の条件が適用されます:

•ラウンジの標準営業時間中に限り利用可能。

•PALおよびPAL Express運航便を使用する旅行時に限り適用可能。

•プレミアエリートのメンバーに限り、旅行同伴者であれば追加1名のゲストの同伴が認められる。 ミリオンマイラーのメンバーは、旅行同伴者であれば追加2名のゲストの同伴が認められる。

•メンバーがPALの航空券を所持しているという条件のもとでの、マイル獲得の対象となるその他の航空会社のコードシェア便を使用する旅行。

•コードシェア提携航空会社ラウンジ(CPAL)には、当該ラウンジのポリシーが適用されるものとします。同ポリシーは随時変更される可能性があります。CPALには、ミリオンマイラー(旅行同伴者なし)のみを受け入れる場合と、プレミアエリートのメンバー(旅行同伴者なし)を受け入れる場合があります。PALは、ミリオンマイラー及びプレミアエリートの前述のCPALへのラウンジアクセスの保証をいたしかねます。

• ラウンジへのアクセスは単に特権であり、そのようなものとして、PALまたは全てのCPALは、メンバーへの事前の通知なく、ラウンジアクセスの合意を解除する権利を有することが了解されます。同様に、マブハイラウンジへのアクセスは一定の時間帯において利用できない場合があり、当該アクセスは常にラウンジの座席定員に応じての対応となります。

2.1.3.7. 無料の追加手荷物許容量(FBA)

PAL及びPAL Expressの運航便

エリートティア

資格

サービス区間

ミリオンマイラー

*2個の追加手荷物

米国、カナダ、ロンドン、日本、グラム、中東発着のPALの運航便

*40kg

米国、カナダ、ロンドン、日本、グアム、中東を除くPALおよびPAL Expressの運航便

**20kg

または

1個まで

アジア地域(日本とグアムを除く)及びオーストラリア国内のPAL/PAL Expressの運航便ではスポーツ用品1個

米国、カナダ、ロンドン、日本、グアム、中東発着のPALの運航便ではスポーツ用品1個

次のスポーツに限定:ゴルフ、ボーリング、スキューバダイビング、スポーツフィッシング、テニス、バドミントン及びサイクリング。

プレミアエリート

*1個の追加手荷物

米国、カナダ、ロンドン、日本、グアム、中東発着の PAL の運航便

*30kg

米国、カナダ、ロンドン、日本、グアム、中東を除くPAL/PAL Expressの運航便

エリート

*10kg

米国、カナダ、ロンドン、日本、グアム、中東を除くPAL/PAL Express
の運航便

*PALまたはPAL Expressの一般運送約款に基づく個数、寸法、重量要件も、メンバーが使用するクラスサービス及び経路に関し、追加のFBAに適用されるものとします。適用される手荷物の個数、寸法、重量に関する情報については、www.philippineairlines.comのウェブサイトを参照ください。

  • FBAの許容数を超えた場合、メンバーは適用される手荷物超過料金を支払うものとします。
  • その他の搭乗者の手荷物は、追加のFBAの特権に基づき合算することはできません。
  • エリートティアのメンバーのFBA及び追加的なFBAの特権は、スポーツ用品の超過重量に対応するために利用できます。この規則は、重量システムを使用した目的地にのみ適用されます。

** スポーツ用品に関する以下の条件は、追加のスポーツ用品の運送に適用されるものとします。

  • スポーツ用品に対する手荷物許容量を超える重量は、適用される手荷物超過率が課されます。
  • 受託手荷物として運送されたスポーツ用品の損傷または紛失に対する賠償責任は、PALまたはPAL Expressの運送約款の賠償責任の限度の対象となるものとします。
  • その他の搭乗者の手荷物またはスポーツ用品は合算できません。
  • スポーツ用品に関する手荷物の特典は、無料手荷物許容量(FBA)または追加のFBAの特権を超えるミリオンマイラーのその他の手荷物に対応するために利用することはできません。
  • ミリオンマイラーのFBA及び追加のFBAの特権は、スポーツ用品の超過重量に対応するために利用することができます。この規則は、重量システムを使用した目的地にのみ適用されます。
  • スポーツ用品は、少なくともフライト出発時刻の1時間半前にチェックインする必要があります。ただし、自転車は、フライト出発時刻の3時間前までにチェックインしなければなりません。この要件を満たすことができない場合は、PALはスポーツ用品の運送を拒否する場合があります。
  • スポーツ用品の手荷物の特典は、随時PALにより提供される手荷物の運送に関するその他のプロモーションと組み合わせることはできません。
  • PALは、フライトごとにスポーツ用品の最大数を設定のうえ受領する権利を留保します。この目的のため、ミリオンマイラーは、予約及びスポーツ用品の重量の確認のために、出発時刻から少なくとも24時間前に、PAL予約センターに通知する必要があります。

3.8. ミリオンマイラーは、以下の特権を1名の旅行同伴者に拡張することができます:

                                               1. 優先チェックイン

                                                2. 優先空港スタンバイ

                                                3. 手荷物の優先処理

                                                4. 優先搭乗     

           

IX. 提携航空会社

1. 一般約款:

1.1. マブハイマイルは、提携航空会社との合意を締結する権利を留保します。提携航空会社との合意は、メンバーへの事前の通知なく、随時変更または解除される場合があります。

1.2. マブハイマイルは、提携航空会社によるマブハイマイルプログラムへの参加の保証、及び、マイル獲得及び/またはフライトの特典の交換の対象となる、提携航空会社のフライトの利用状況の保証はいたしかねます。

1.3. マブハイマイルは、提携航空会社によるマイル獲得の対象となるフライト及び/または提携航空会社による特典フライトの搭乗拒否、キャンセル、遅延、及び提携航空会社によるマブハイマイルプログラムからの撤退を含むがこれらに限定されない、さまざまな状況の変動や不測の事態の責任を問われないものとします。

1.4. 提携航空会社の運航便での旅行に必要とされる全ての旅行書類を揃えることは、搭乗者の単独の義務及び責任となります。

2. マイルの獲得:

2.1. メンバーは、対象となる提携航空会社の運航便に関する運賃の規則に基づいて、マイルを獲得することができます。PALが販売し、提携航空会社が運航するコードシェア便にも同じ規則が適用されます。

2.2. フライトマイルの加算を確保するために、メンバーは、予約、発券、チェックイン時に会員番号を提示する必要があります。マイルは、提携航空会社との合意の諸条件に基づいて加算されるものとします。

2.3. メンバーは、提携航空会社との合意の諸条件に従い、フライト日の航空券と搭乗券のコピーを提出することにより、マイルの事後加算を請求することができます。提携航空会社との合意の諸条件に従い、フライト日の事後加算がリクエストされないマイルは、その時点で放棄されたものとみなされます。

2.4. www.mabuhaymiles.comのウェブサイトを通じた事後加算のオンラインのリクエストは適用されません。

2.5. マブハイマイルの口座にマイルがいったん加算され確認されると、当該マイルを元に戻すことはできなくなります。

2.6. 提携航空会社の特典フライトはマイル獲得の対象となりません。

2.7. 提携航空会社とのPALの合意が解除された場合、マイルの事後加算の発生及びリクエストは、提携航空会社との合意の諸条件に準拠するものとします。 

2.8. PALは、マブハイマイル利用規約及び提携航空会社の一般運送約款に違反して交換または発行された旅行特典を無効にする、取り消す、または放棄する権利を留保します。

3. 旅行特典の交換:

3.1. フライトの特典航空券は、片道または往復のいずれかにすることができます。

3.2. マブハイマイルメンバーは、マブハイマイルサービスセンター、PAL予約センターまたはPAL発券オフィスに問い合わせることにより、フライトの特典航空券の交換及び請求を行うことができます。「旅行特典の交換」第VI条、第5項を参照。

3.3. 適用される全ての税金、追加料金、及びマブハイマイルの手数料は、メンバーまたは受取人から収集されるものとします。

3.4. 特定のサービスクラス、FlexiFlyer(フレキシフライヤー)特典及びサービスクラスのアップグレードの特典に対する交換は認められません。 

3.5. フライトの特典航空券(または、あらゆる変更)は、マブハイマイル利用規約に準拠するものとします。メンバーは、適用される税金、料金、手数料、罰金、及び/または追加料金を支払うものとします。

3.6. フライトの特典航空券は、その他のあらゆるプロモーション、オファー、サービスクラスアップグレードの特典またはアップグレード証書、及び無料アップグレードと共に使用することはできません。

3.7. 単一の予約/フライトの特典航空券にPR及び提携航空会社の特典区分を組み合わせることは認められません。

3.8. 成人、子供及び/または座席を使用する幼児に対し、同一の特典の交換価値が適用されるものとします。

3.9. フライトの特典航空券は、マブハイマイル利用規約に準拠するものとします。

3.10. 提携航空会社が実施する運送及びその他の関連サービスは、提携航空会社の利用規約及び一般運送約款の対象となります。

4. エリートティアの特権:

4.1. メンバーは、提携航空会社のフライトを使用して旅行する場合、空港でのチェックイン時にエリートティアの会員カードを提示することで特定の特権が付与されるものとします。失効したエリートティアの会員カードの提示は認められません。

マブハイマイルは、www.mabuhaymiles.comのウェブサイトで該当する特権を公開するものとします。

5.    参考文献の引用

5.1. 提携航空会社との合意に適用される全ての諸条件は、本利用規約に参照により組み込まれるものとします。提供航空会社との合意について、マブハイマイル利用規約を随時確認することは、メンバーの単独かつ第一の義務及び責任となります。

5.2. 容易な参照とガイダンスのために、メンバーは提携航空会社との合意に適用される諸条件を含む、該当する付属文書を参照することができます。付属文書は、マブハイマイル利用規約の不可欠な部分です。


X .通信とプロモーション

1. 氏名及び連絡先情報のあらゆる変更をマブハイマイルに通知することは、メンバーの責任となります。

2. メンバーは、マブハイマイルのオンライン口座へのアクセスまたはその更新を行うために、www.mabuhaymiles.comのウェブサイトで登録を行う必要があります。

3. プログラムの最新情報、マブハイマイル、PAL、及び提携会社からの宣伝、プロモーション及び/またはオファーに関する電子メールの通信が一部のメンバーに送信される場合があります。

4.  マブハイマイル利用規約に関する通信、通知、変更は、マブハイマイルの口座への登録のため申告され反映されたメンバーの電子メールアドレスに送信された場合、送達されたとみなされるものとします。メンバーは、本利用規約の第XI条、第5項に従い、変更がマブハイマイルに正しく通知されない限り、当該メンバーの口座に表記された連絡先詳細に拘束されるものとします。


XI. 解除、監査、準拠法、訴訟の裁判地

1. PALは、事前の通知を行うことで随時、マブハイマイルのマイレージプログラムについて、利用規約を含め、体制、特典、特権、及びその他の機能を変更する、または同プログラムを終了させる権利を留保します。マブハイマイルは、第IX条の規定に従い、マブハイマイル及び/または本利用規約への重大なあらゆる変更をメンバーに通知するものとします。第X条のもとでの通信として掲載または公開された前述の変更の通知。

全ての変更は、マブハイマイルのウェブサイトへの掲載日をもってその効力を生じ、全メンバーに対し拘束力を有するとみなされるものとします。

前項に影響を与えることなく、プログラムの諸条件へのあらゆる改正または変更後、メンバーにより、マイレージ積算、特典交換、及びマブハイマイルプログラムに基づいたその他の特典及び/または特権の利用がリクエストされた場合、それは当該メンバーによる変更に対する承諾の決定的証拠及び/または承認とみなされるものとします。

マブハイマイルのウェブサイトまたは自身のオンライン口座を通じて更新または変更内容を確認することは、メンバーの責任であり、PALは、メンバーが取引を行う前に、マブハイマイルまたは本利用規約の更新または改正事項の確認を怠ったことにより生じる、メンバー/受取人に及ぼすいかなる損失または損害に対する賠償責任を負わないものとします。

PALの承認を得た個人、従業員、代理人を除いては、本利用規約のいかなる規定を変更することはできません。マブハイマイルプログラムに関連して、本利用規約と相反または矛盾するあらゆる表現、意見、または通信は、効力を有しないものとします。本利用規約以外に印刷された表現または通信または諸条件のいずれの間に矛盾がある場合は、本利用規約が適用され、優先するものとします。

2.  PALは、マブハイマイル利用規約に従い、PALの独自の裁量で、随時、メンバーシップを拒否、差し止め、または解除する権利を留保します。

3. その他の特典及び/または特権を含む、マイルまたは旅行特典の譲渡または利用を考慮した販売、購入、交換、または手配は禁止されています。本規定の違反が発生した場合、その影響を受ける特典及び/または特権の価値に対する賠償責任はメンバーが負うものとし、当該行為はマブハイマイルのメンバーの特権に違反した詐欺行為とみなされるものとします。

4.  PALはマブハイマイル利用規約への適合性を確保するために、全ての会員口座を監査し、その結果として、予告なく随時、当該口座を改正、訂正、修正する権利を留保します。

5. マイルの交換、差引、変換、及びその他類似の行為を含むがこれらに限定されない、マイルの活動や管理を伴う事柄に関するマブハイマイルの注意メール及び/または確認メールに起因する苦情、懸念、紛争は、当該メールの日付から72時間以内にメンバーにより提起される必要があります。そのようなものとして、前述の確認メール及び/または注意メールを定期的に確認することは、メンバーの単独かつ第一の責任となります。

メンバーの口座に関わる、その他の全ての苦情、懸念、または紛争は、はじめにメンバーが書面によりPALまたはマブハイマイルに提起する必要があります。そのような苦情、懸念、または紛争は、その発生時から1年以内に提起されなければなりません。

前述の期間及び前提条件の遵守を怠った場合、あらゆる司法、準司法、または行政機関のあらゆる法的措置の妨げとみなされるものとします。

はじめにPALまたはマブハイマイルと紛争の解決を図らずに、あらゆる司法、準司法、または行政機関に紛争を提起する行為は、優良なメンバーとしての特権に対する違反とみなされ、メンバーシップの解除、旅行特典の取り消し、及び獲得されたマイルの没収の原因となるものとします。

6.  マブハイマイルのメンバーシップは単なる特権であり、したがって、違法行為、詐欺行為、不当表示、特典の乱用、虐待的な行為、及び/またはマブハイマイルの組織の一員になるための、誠実性、忠実性、コミットメント、及び特権に矛盾しているその他のあらゆる行為または不行為を含むがこれらに限定されない、マブハイマイル利用規約、PALまたは提携航空会社の一般運送約款、PAL及び提携航空会社の予約、発券、空港及び機内ポリシーと手続きに対する違反は、マブハイマイルのメンバーシップの即時解除、特典航空券の取り消し、解除時の全てのマイル残高の没収の理由となるものとします。

7. メンバーは、マブハイマイル利用規約のあらゆる違反に対し、管理に関する通知を受けるものとします。管理に関する通知は、メンバーのマブハイマイルの口座に反映されるメールアドレスに送信された場合、適切に送達されたとみなされるものとします。メンバーは、通知の送達から15日以内に、自身の立場を支持する文書とその他の証拠を添え、管理に関する訴えに対する回答を提出するものとします。要求される期間内に回答の提出を怠った場合、管理に関する訴えを認め、回答の権利を放棄したとみなされるものとします。回答の受理または15日間の経過後、その件は判定のために提出されたとみなされるものとします。管理委員会は、その後、利用可能な証拠に基づいて判決を下し、その決定は確定するものとします。

未決の管理に関する調査の対象であるメンバーの口座は、問題が解決されるまで差し止められるものとします。そのような差し止めは、マイルの積算または交換、及び旅行特典、UTCとティア特典の利用を含むがこれらに限定されない、マブハイマイルプログラムに基づいた特典/特権の利用の差し止めの効力を有するものとします。

管理に関する問題がメンバーに有利に解決された場合、差し止めの期間に加算されなかったマイルは事後加算され、差し止めの期間に失効したその他の特典/特権は復活/延長されるものとします。メンバーは、差し止めが解除されてから6ヶ月以内にマイルの事後加算を申請する必要があります。失効したマイルまたはその他の特典/特権は自動的に復活し、その有効性は差し止めの解除日からさらに6ヶ月延長されるものとします。

管理に関する問題がメンバーに不利に解決された場合、差し止めの効力はメンバーに対する処罰の一部をなすものとします。科された処罰が単なる差し止めの場合、既に果たされた差し止めの期間は、処罰として科された差し止めの期間から差し引かれるものとします。

8. マブハイマイル管理委員会の決定及びその結論として科された処罰は、メンバーまたは受取人に対し申し立てられる可能性がある、民事または刑事訴訟に影響を与えないものとします。

解除されたメンバーは、別のマブハイマイルの口座の再登録を行わないものとします。なお、何らかの理由で再登録が行われた場合、既に当該口座が有効化されたとしても、マブハイマイルはそのような事実が解明及び確認され次第、予告なく、直ちに同様に解除を執行し、獲得された全てのマイルを没収する権利を留保します。

解除されたメンバーは、2年が経過した後、標準の方法ではなく、入会許可の一切の保証をすることなく、評価を受けるという条件で、マブハイマイル宛に書面による申請を通じて再登録を行うことができます。

9.  メンバーが死亡した場合、当該メンバーの口座は閉鎖され、全てのマイル残高は没収されます。

10. PALは、予告なく、パートナーとのコードシェアまたは合意のあらゆる部分を変更及び/または解除する権利を留保します。PALは、これらの変更の一切の責任を負いかねます。

11. メンバーは、任意の時点でメンバーシップを解約することができます。そのためには、書面での報告をマブハイマイルに提出する必要があります。メンバーシップは通知の受理日から14日以内に解約されるものとし、メンバーの口座は閉鎖されるものとします。これらの閉鎖された口座に関しては以降いかなる活動も許可されないものとします。メンバーが新規の口座を登録した場合、前述の閉鎖された口座において獲得されたマイルまたは特権は、新規口座に加算/交換または適用されないものとします。

12. PALまたは提携航空会社の航空券の購入により、マイレージ積算の資格が搭乗者に自動的に付与されることはありません。マイルの蓄積は、優良なメンバーのみが利用できる、ロイヤルティに基づく単なる特権であるため、そのようなものとして、マイル加算に関して既得権は発生しないものとします。

13. メンバーは、マブハイマイルプログラムの利用規約のもとで、義務の遂行もしくは不遂行に関し、メンバーのあらゆる行為もしくは不行為、違法行為、過失行為に起因して、またはこれらから生じて、または何らかの形でこれらに関連して、PALもしくは提携航空会社、またはその取締役、役員、従業員もしくは代理人に対し、提訴、起訴もしくは調停が行われる可能性のある、損害、損失、損傷、事故もしくは遅延にかかる弁護士費用を含む、あらゆる全ての賠償請求、訴訟、法的措置もしくは訴訟手続き、費用ならびに経費から、かつこれらに対し、PALもしくは提携航空会社、その取締役、役員、従業員ならびに代理人を解放、弁護、補償し、かつ免責することに同意します。

14. 本利用規約は、フィリピン共和国の法律に準拠し、これに従い解釈されるものとします。マブハイマイルに関わる、PALに対し申し立てられるあらゆる訴訟措置または手続きは、フィリピンのパサイ市に所在する適切な裁判所において提起されなければなりません。

 

付属文書1

 

フィリピン航空マブハイマイル - エティハドエアウェイズ航空(以下「エティハド航空」)のパートナーシップ利用規約

I.“”           エティハド航空との相互関係によるマイレージプログラムの有効性:

PALとエティハド航空との相互関係によるマイレージプログラムは、PAL及び/またはエティハド航空のいずれかまたは両者により早期に解除されない限り、2014年7月10日~2019年7月9日まで有効となります。

II.            メンバーは提携航空会社との合意の諸条件に従い、フライト日の航空券と搭乗券のコピーを提出することにより、マイルの事後加算を請求することができます。フライト日から6ヶ月以内に事後加算のリクエストが行われないマイルは、その後は放棄されたものとみなされます。

III.           PALと提供航空会社との合意が解除された場合、マイルの積算及び事後加算のリクエストは、提携航空会社との合意の諸条件に準拠するものとします

IV.          メンバーは、エリートティアの会員カードがチェックイン時に提示される限り、以下のエリートティアの特権を有するものとします。失効したエリートティアの会員カードの提示は認められません。


マブハイマイルの特典

クラシック

 

エリート 

 プレミアエリート 

ミリオンマイラー 

無料手荷物許容量の追加(FBA)

いいえ

10kg

15kg

20kg

手荷物の優先的な取り扱い

いいえ

いいえ

はい

はい

優先チェックイン

いいえ

いいえ

はい

はい

優先搭乗

いいえ

いいえ

はい

YES

PALマブハイラウンジ/VIPラウンジの利用またはEY VIPラウンジ

いいえ

メンバーのみ

 

メンバー + 旅行同伴者1名

メンバー + 旅行同伴者1名


V.            参照による引用

1. エティハド航空との合意に適用する全ての諸条件は、本規約に参照として組み込まれるものとします。エティハド航空との合意について、マブハイマイル利用規約を随時確認することは、メンバーの単独かつ第一の義務及び責任となります。


付属文書2

_______________________________________________________________________________________________________________________________________________________

I.             全日本空輸との相互関係によるマイレージプログラムの有効性:

PALと全日本空輸(ANA)との相互関係によるマイレージプログラムは、PALおよび/またはANAのいずれかまたは両者により早期に解除されない限り、2014年4月1日~2019年10月31日まで有効となります。

II.            メンバーは提携航空会社との合意の諸条件に従い、フライト日の航空券と搭乗券のコピーを提出することにより、マイルの事後加算を請求することができます。フライト日から6ヶ月以内に事後加算のリクエストが行われないマイルは、その後は放棄されたものとみなされます。

III.           PALと提供航空会社との合意が解除された場合、マイルの積算及び事後加算のリクエストは、提携航空会社との合意の諸条件に準拠するものとします

IV.          メンバーは、プレミアエリート/ミリオンマイラー会員カードがチェックイン時に提示される限り、以下のプレミアエリート/ミリオンマイラーの特典を利用できるものとします。失効したプレミアエリート/ミリオンマイラー会員カードの提示は認められません。


マブハイマイルの特典

 プレミアエリート 

ミリオンマイラー 

無料手荷物許容量の追加(FBA)

個数制: 
1個
重量制:
 20kg

個数制: 

1個

重量制: 

20kg

手荷物の優先的な取り扱い

はい

はい

優先チェックイン

はい

はい

優先搭乗ご搭乗

はい

はい

空港 ラウンジ アクセス

メンバー + 旅行同伴者1名

メンバー + 旅行同伴者1名

V.            参照による引用

1. ANAとの合意に適用する全ての諸条件は、本規約に参照として組み込まれるものとします。ANAとの合意について、マブハイマイル利用規約を随時確認することは、メンバーの単独かつ第一の義務および責任となります。



V.         参照による引用 1.         エティハド航空との合意に適用する全ての諸条件は、本規約に参照として組み込まれるものとします。エティハド航空との合意について、マブハイマイル利用規約を随時確認することは、メンバーの単独かつ第一の義務及び責任となります。